IRtAN*トランスレス送信回路例

トランスレス回路
  AC100V 50/60Hz 約6mA/送信距離7m程度/アナログ入力インピーダンス10KΩ以上でミスマッチ。
  10KΩ1Wと電解コンデンサー(1000μF)の選択は、送信インターバル3秒or10秒でVddが赤外線送信後
  安定点5.12Vに復帰出来る様設定してください。

          トランスレス アナログ送信
                     トランスレス送信部マルチ基板での試作例

        トランスレス 裏面    アナログ トランスレス送信データ
              ↑試作品の裏面               ↑IRrANv1で受信したデータ

   ※トランスレスの場合は【沿面距離】【フレーム、大地との間隔】【サージ】等を十分考慮した製作が必要です。
     マルチ基板での製作では、写真の矢印部の様にランドを剥離し沿面距離を確保して下さい。
     100V回路で3mm以上、200V回路で5mm以上。
   ※100Vを直接使用するプリント基板は、製作後付着物等を必ず除去(洗浄)して下さい。

                         トップページへ戻る!