赤外線リモコンを学習受信、小型DCモーター制御用プログラム不要マイコン&評価基板完成品。

▲トップ 2015.10.02発売〜                   2017.07.28更新

▲赤外線リモコンでモーター制御、送信マイコン&受信マイコンのプログラム不要マイコンセット

IRx共通(基本仕様)ページへ戻る   ▲プリント基板完成品   ▲マイコン+部品キット

IRxシリーズ
   小型DCモーター制御用一覧表
                   ★IRxシリーズ機種選択時のご注意! ★
○IRxシリーズは、同一フォーマットのリモコンのキー操作を記憶します。異なったフォーマットのリモコンは
  学習操作でエラー(LEDの点灯変化無し)になります。適切なマイコンを選択してください。
○シャープ製リモコン対応については家電協フォーマットのページでご確認下さい。

☆高級真空管アンプの電動ボリューム、電動トーンコントロール、電動バランスボリュームなどに、
  電動カーテンなど小型DCモーターのリモコン制御にお使いいただけます。

◆IRxシリーズ 東芝製小型DCモータードライバー制御用マイコン(NECフォーマット)
 特 徴 / 品 種 IRxMH1 IRxMH2 IRxMH3 IRxMH4
 通信相手(送信リモコン) 日立、東芝、
NEC、富士通
三洋、市販品
専業メーカー
万能リモコン他、
 通信フォーマット NECフォーマット
 キャリア周波数 38KHz
 クロック周波数 10MHz
 記憶キー数 8キー 8キー  8キー 8キー
 動 作 キー押す度に反転
     6bit
押している間回転
     1bit
押している間回転
     1bit
モーター制御 1
キー押す度に反転
     4bit
押している間回転
     2bit
押している間回転
     2bit
モーター制御 2
キー押す度に反転
     2bit
押している間回転
     3bit
押している間回転
     3bit
モーター制御 3
押している間回転
     4bit
押している間回転
     4bit


モーター制御 4
 出 力 正論理 8本
 出力動作切替(電気ブレーキ時間) 0.3/05秒 ← 
 使用マイコン (18ピン) PIC16F648A
 回路の共通性
 (IRxPCB6評価基板OK)
IRx,IRx2,
IRxK,IRx2K等
 添付品 プリント基板
受光モジュール
セラロック10M
仕様書
参考回路図
 価 格(1個) ¥1,700.
 HEXファイル 非売
 その他  
◆IRxシリーズ 東芝製小型DCモータードライバー制御用マイコン(家電協フォーマット)
 特 徴 / 品 種 IRxKMH1 IRxKMH2 IRxKMH3 IRxKMH4
 通信相手(送信リモコン) パナソニック、シャープ
市販品、専業メーカー
万能リモコン他、
 通信フォーマット 家電協フォーマット
 キャリア周波数 38KHz
 クロック周波数 10MHz
 記憶キー数 8キー 8キー  8キー 8キー
 動 作 キー押す度に反転
     6bit
押している間回転
     1bit
押している間回転
     1bit
モーター制御 1
キー押す度に反転
     4bit
押している間回転
     2bit
押している間回転
     2bit
モーター制御 2
キー押す度に反転
     2bit
押している間回転
     3bit
押している間回転
     3bit
モーター制御 3
押している間回転
     4bit
押している間回転
     4bit


モーター制御 4
 出 力 正論理 8本
 出力動作切替(電気ブレーキ時間) 0.3/05秒 ← 
 使用マイコン (18ピン) PIC16F648A
 回路の共通性
 (IRxPCB6評価基板OK)
IRx,IRx2,
IRxK,IRx2K等
 添付品 プリント基板
受光モジュール
セラロック10M
仕様書
参考回路図
 価 格(1個) ¥1,700.
 HEXファイル 非売
 その他  

 ↓東芝製、小型DCモーター用ドライバーICの制御信号↓直接接続。
モーター動作(ドライバーIC制御信号)  ポート(0,2,4、6)   ポート(1,3,5,7)
 停止(ドライバーICハイインピーダンス)   L   L
 回転   H   L
 反転   L   H
 電子ブレーキ(0.5or0.3秒→停止)   H(0.5or0.3sec) → L   H(0.5or0.3sec) → L
  ◆必ずブレーキ動作を挿入しますので、回転→ブレーキ→反転→ブレーキ→回転→といった動作になり
    リモコンからは、回転→反転→回転→反転の様な命令は行えません。

モータードライバー接続例
        ※IRxPCB6評価用プリント基板+IRxM1マイコンとTA7267Bの接続イメージ
          モータードライバー周辺には必要に応じパスコンや電解コンデンサーを設置してください。
        ★マイコン電源(Vcc)とモーター電源(Vm)は同時立ち上げか、マイコン電源を先に
          立ち上げて下さい。
        ★プルダウン抵抗はRA部に×8のブロック抵抗をお使いください。
        ☆この接続例のファイルをダウンロードする。

モータードライバー接続、バラック試作
  ◎市販万能リモコンで10m程度まで操作可能です。目視確認が可能な安全な範囲でお使いください!
  ◆当マイコンや各モータードライバーの仕様をご理解の上、設計製作を御願いいたします。


IRxM1&IRxPCB6実験
              ↓基板拡大画像              ↑市販万能リモコン
IRxPCB6,IRxM1,TB6643K基板実装
  IRxPCB6へIRxM1を実装、補助基板部(232Cドライバー用)へ、東芝製モータードライバーTB6643Kを
  組み付けた実験基板です。(マイコンの文字ははめ込みです)
  CN1はbit出力8本が出力されます。
  ドライブ信号はPWMではありません。回転/ブレーキ/逆転/停止の制御です。


            赤外線リモコン送信・受信マイコンセットでモーター制御はこちら


            安全性や使用環境での誤動作についてのお知らせなど(重要事項!)
            プログラム不要マイコンの型番の2や3の違いについて
            共通の補足説明、ご注意などこちら別ページ(重要事項!)
            詳しくは、カタログ・図面をダウンロードしご確認下さい。



ご注意! ご注意!
    ■本マイコンの保証は原則として行いません。但し、初期不良につきましては当方の調査結果に
      より「現品交換」させていただく場合も御座います。
    ■人身事故や火災など重大事故が発生する可能性のある機器や装置に使用しないでください。
      お客様の責任の範囲で判断をお願いいたします。制御結果が確認出来る事が前提です。
    ■本マイコンを組み込んだ製品の「法の順守・安全性・信頼性」等については、お客様(組込者)の
      責任で確保して下さい。
    ■本マイコン・仕様書・ホームページ・参考回路図などの不具合により発生した損害等の責任は、
      すべてお客様側(組み込み者側)にあり、当方では一切責任を負いませんので、
      組み込み後の回路評価は完全に行って下さい!

                          わたなべ企画
                      栃木県小山市犬塚50−576
                           戻る