▲トップへ                                 重要なお知らせ!
▲関連マイコン早見表(組み合わせ&比較表)
▲赤外線送信−受信間の乱反射についてご注意!
赤外線リモコン、通信の受光モジュール選択(感度・距離)や使用上のご注意!

……………………………………………………………………………………………… 2006/11/27更新

   
     ★★★ 赤外線送信部お取り扱いのご注意! ★★★
   

  ・電源電圧、抵抗値、トランジスター、赤外発光ダイオードを参考回路図の通り製作した場合において、
   何らかの原因でマイコンのポート(キャリア出力部)が ”H” レベルて固定(ダイオード通電状態)しますと、
   赤外発光ダイオードが破損します。

   キャリア(パルス駆動)入力必須!

   <考えられる原因>
     ・電源ON時のリセット失敗。            ・外部リセットの不具合。
     ・クロックの停止(製作不具合、結露など)    ・その他、製作や部品の不具合など。

                         戻る