▲戻る  2017.03.19更新

 ☆☆☆ Windows10 ハイパーターミナルの代替例 参考資料 ☆☆☆
 ((( MS−DOSのテキストファイルを〜Windows10へ転送する例 )))


  ●PC−9821(MS−DOS5.0A) −−− COPYAから
  ●LaVieG(10Windows10) −−− Tera Termへ転送

  年代物の9821ノートパソコンの多くが、電源が入らない故障、フロッピィディスクドライブの故障
  耳にしますし、当方でも数台の故障を経験しております。
  現在はフロッピィディスクドライブやシリアルポートが無いパソコンがあたりまえですので、
  データーの移動や接続ハードウェアの組み合わせを工夫しないと古い設備機器の
  メンテナンスに対応出来ない事もあるようです。
   (普通は中古のPC98や中古のフロッピィディスクドライブを購入するらしいのですが)
  お客様の中に設備メンテナンスでDOSマシン内のデータが必要だとの相談がありましたので、
  1990年代のMS−DOS5.0AとWindows10でのテキストファイルの転送を行ってみました。

  <転送例>
    ・PC9821(MS−DOS) フロッピィディスクドライブ故障、または、無し、
     COPYAコマンド起動 → HEXファイル&Cコンパイラヘッダファイル転送側。

    【98ノート用シリアルケーブル − リバースケーブル − シリアル−USB変換ケーブルで接続】

    ・ノートパソコン(Windows10) フロッピィディスクドライブ無し、シリアルポート無し、
     TeraTerm起動 → 受信しクリップボードへ → ノートに貼り付け → 〇〇〇.HEXの
     ファイル名を付けて保存 → USBポート仕様の書き込みツールでメモリーに書き込む。

  ■転送出来るファイル(テキストファイル)
    ・C言語ソースファイル     ・アッセンブラソースファイル     ・インテルHEXファイル
    ・制御データ           ・プリント基板ガーバデータ等々が転送可能です。


                                               < ↓ COPYA 実行画面>
送信側MS−DOS PC9821
 ・無難な9600bpsを設定しておきます(switchやspeedで)
 ・MS−DOS COPYAを起動し転送するファイル名を設定します。
 ・準備OKなら実行。

                                          < ↓ インテルHEX形式ファイル>
受信側 Windows10
 ・Windows10側はTeraTermを起動し、232C回線を選択します。
 ・回線が検出されていれば受信状態で待機します。
 ・受信が完了しましたらクリップボードの受信データをWinノートなどへ貼り付け、「名前を付けて保存」
 ・以上で受信完了。

                                          < ↓ Cコンパイラ ヘッダファイル>
受信側Windows10 TeraTerm
       ↑ Winノート画面                            ↑  TeraTerm画面

232c接続ケーブル
   ・98ノート用シリアルケーブル(Dsub25ピン変換ケーブル)
   ・リバースケーブル(Dsub25ピン− Dsub9ピン)
   ・USB−シリアル変換ケーブル(Dsub9ピン)で接続します。

Windows7〜Windows10でのハイパーターミナル代替え例やUSB−シリアル変換ケーブル
  使用例も掲載しております。
※WindowsXPの場合はハイパーターミナルが使え、シリアルポートを装備しているパソコンでは、
  リバースケーブルのみの接続で転送可能です(古いマシンがフロッピィディスク無し、故障の場合)
  但し、アッセンブラソースなどの行数が多いテキストファイルはTeraTermを使うことをおすすめします。

                        わたなべ企画
                        戻る